読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパースター

アプリや電子書籍、漫画、音楽のことなどについて記事を書いています。

初めての格安SIMならY!mobile(ワイモバイル)がオススメな理由と他社との比較まとめ

スマホ 格安SIM

f:id:amemiya39:20160922121636j:plain

先日、長年使っていたDoCoMoから、Y!mobileへ乗り換えを致しました。

きっかけは、使っていたスマホが壊れ、ドコモさんに駆け込むと「修理費7000円かかります」と言われ、あっじゃあ機種変更します、となったところまでは良かったのですが、機種を見ていてもピンとくるスマホがない……ていうか頭金5400円ってなんだよ高くない?お金持ってきてねーぞ、ていうかよく考えたら月額料金高くない?機種代含めたらすごい金額になってない?とか考えていたら、機種変更する気力が失せ、とりあえず無言で帰りました

 

で、それならいっそのこと乗り換えてしまおうと思いまして、前々から気になっていた格安SIMに乗り換えることにしたのです。

色々と吟味した結果、私のような格安SIM初心者にはY!mobileが一番良いのではないかという結論に至りました。

Y!mobileに乗り換えして、今はかなり満足しておりますので、おすすめポイントなど書かせてもらいます。

 

Y!mobileとは

ワイモバイルは、格安SIMを提供している会社なのですが、通常のMVNOとは少し違います。

それは、MVNOがDocomoやauの回線を借りて提供しているのに対し、ワイモバイルは自社の回線を使っているというところです。ソフトバンクのグループ会社なので、ソフトバンクの回線ということになりますね。

なので、料金形態も独自のものになっており、MVNOよりは月額料金は高くなってきます。

 

月額料金だけでみると

Docomo,au,Softbank > Y!mobie > OCNやmineoなどのMVNO

 

MVNOほどじゃないけど大手キャリアよりかは断然安いよというポジションです。

ではY!mobileの料金形態はどうなっているのでしょか。

Y!mobileのプランと料金

ワイモバイルのプランはかなりシンプルで、3プランとなっております。

 

スマホプランS

スマホプランM

スマホプランL

通信量

1GB

3GB

7GB

基本料金

(2年契約)

2,980円

3,980円

5,980円

基本料金

(2年契約なし)

5,480円

6,480円

8,480円

通話料

(1回10分

月300回まで)

0円

0円

0円

Y!mobileオンラインストアより

 

2年契約時の料金プランは、Docomoやauなどの大手キャリアと比べてかなりお安くなっていますね。

では、MVNOと比べてどれくらい高いのでしょうか?

mineoの料金プランと比較してみます。

 

基本データ容量

500MB

1GB

3GB

5GB

10GB

シングルタイプ

(データ通信のみ)

700円

800円

900円

1,580円

2,520円

デュアルタイプ

(データ通信+090音声通話)

1,400円

1,500円

1,600円

2,280円

3,220円

mineoのドコモプラン(Dプラン)より

 

同じ3GBのプランだと、Y!mobileは3,980円なのに対し、mineoは通話ありで1,600円です。基本料金だけで見ると、2,380円の差があることになりますね。

 

でもそれなら安いmineoやOCNを使った方がおトクなのでは?と思いますよね。

確かに安さ的にはMVNOには敵いませんが、Y!mobileにはキチンとしたメリットがあります。

Y!mobileのメリット

通話無料サービス

f:id:amemiya39:20160922125011j:plain

どのプランを選んでも、ついてくるのがこちらの「通話無料サービス」

10分以内の通話であれば、月に300回まで無料で使うことができるというサービスです。

上手く使えば月々の通話料を0円に抑えることができます。

 

私は普段、通話することはほとんどないですし、知人との通話はLINEで済ませています。ですが、会社への連絡やお店の予約などで、通話を使う機会はちらほらとあるものです。

他社のMVNOでしたら、通話30秒ごとに20円の通話料金が掛かりますので、基本料金に加えて通話料が上乗せになってきます。

 

ワイモバイルは10分以内の通話だと無料なので、そういった心配はありません。

ちなみに、通話が10分を超えた場合は、30秒ごとに20円の通話料が掛かります。

通信速度が速い

ワイモバイルは自社の回線を使っているので、回線を借りているMVNOよりも、通信速度が断然速いです。

 

OCNなどシェア数の多いMVNOだと、回線が混雑する時間帯は、通信速度がかなり遅くなることもあるそうです。

ワイモバイルは自社回線なのでそういったこともなく、いつでも速い通信速度で使うことができます。 

新規・乗り換えキャンペーン

ワイモバイルを新規で契約、または他社から乗り換えで契約をしますと、2年間データ容量が2倍になるというキャンペーンが行われています。

 

1GBのプランだと2GB

3GBのプランだと6GB

7GBのプランだと14GB

 

を月に使うことができるようになります。

一つ注意したいのが、ソフトバンクからの乗り換えではキャンペーンは適用されません。同じソフトバンクグループだからですかね。

ドコモやauからの乗り換えでしたらキャンペーンが適用されます。

全国にショップがある

スマホが故障した時など、ワイモバイルのショップに持っていけば店員さんに相談をすることができます。

MVNOはショップというものはないので、故障した時はメーカーに直接問い合わせるしかありません。修理をするにしても手間が掛かります。

 

ワイモバイルは全国に店舗があり、来店予約がWEB上でもできますので、故障したりわからないことがある時など、気軽にショップに行くことができます。

プランがいつでも変更可能

1GB,3GB,7GBの3つのプランがあるのですが、電話一本でいつでもプランの変更が可能だそうです。

なので、「最初は3GBで契約してたけど、全然データ通信してないし1GBに変えたい!」と思ったら電話をかけてプラン変更の旨を伝えるだけでプランを変更してもらえます。

で、「1GBに変えたけど、やっぱり3GB必要だわ」となったらまた電話をかけてプランを変更してもらうことができます。

要は月単位でプランを変更することは自由ですよ、ってことですね。

家族割引サービス

f:id:amemiya39:20160922140946p:plain

家族割引サービスというものがあります。

家族などで利用する複数の回線を、指定料金プランにて契約すると2回線目以降の基本料金が毎月500円の割引になるというサービスです。

家族でスマホを使っている場合このプランを適用するとお得になりますね。

ソフトバンクWi-Fiが利用可能

ソフトバンクのグループ会社なので、全国のソフトバンクWi-Fiを利用することができます。

外出先などで便利ですね。

デメリットは何か?

では逆にワイモバイルのデメリットは何でしょうか。

 

・MVNOに比べて料金が高い。

 →基本料金の安さでは、MVNOと比べてかなり高く感じると思います。通話をどれくらいするかがポイントになってきます。

 

・2年契約をしなくてはならない。

 →MVNOの契約期間は1年というものが多いのですが、Y!mobileはDocomoやauなどの大手キャリアと同じく2年間です。途中で解約すると解約手数料が1万円ほど掛かりますので注意が必要です。

Y!mobileがオススメな理由まとめ

f:id:amemiya39:20160922143119j:plain

・通話が無料(1回あたり10分、月300回まで)

・通信速度が速い

・全国にショップがあり、故障時などに相談ができる

・割引・キャンペーンが充実(家族割引など)

・プラン変更が手軽にできる

 

初めて格安SIMを利用しようとしているのであれば、サポート体制が整っているY!mobileが一番オススメです。

ショップに行けばその場で契約ができますし、わからないことがあれば教えて頂けます。

通話が無料というのも魅力的。普段ラインで通話するからいらないかな?とも思うのですが、意外と通話を使う機会は多かったりします。通話料を気にしなくてもいいのは嬉しいですね。

他社からY!mobileにMNP乗り換え方法

電話番号を現在利用しているものを、そのまま使うにはMNP予約番号を発行する必要があります。

Docomo,au,SoftbankのMNP予約番号を発行する方法は3つあります。

・Webで申し込む

・フリーダイヤル

・ショップへ行く

Webで申し込むのが一番楽で速いです。24時間受け付けているのですぐに発行できます。

 

他社からY!mobileへの乗り換えに必要なものは下記3点です。

・MNP予約番号

・本人確認書類

・クレジットカード

ショップに直接行って契約される際はこちらを忘れずにお持ちください。

 

また、オンラインでの契約も可能です。

契約方法から利用開始までの詳しい流れはY!mobileオンラインストアに記載されていますのでご確認ください。

おすすめのSIMフリースマホ

Huawei P9 LITE SIMフリースマートフォン VNS-L22-BLACK(ブラック) 【日本正規代理店品】 VNS-L22-BLACK

3万円ほどで購入できる格安スマホを紹介します!

HUAWEI P9 lite

SIMフリースマホの中でも人気の機種だそうです。料金はAmazon価格で、28,542円です。(2016/9/22現在)

私はこれを購入しました。主にゲームや電子書籍を読むのに利用していますが、非常に快適に動作しています。ポケモンGOもサクサクプレイできてます。

色はゴールド・ブラック・ホワイトの三色です。

FREETEL REI 麗

こちらもHUAWEIに次ぐほどの人気機種だそうです。料金はAmazon価格で27,490円です。(2016/9/22現在)

iPhoneを意識したデザインとなっており、薄型でおしゃれな感じです。

色はシルバー・ゴールド・ピンク・スカイブルー・ブラックの五色です。

Zenfone3

ASUSが販売しているZenfoneの最新機種です。

料金は、Amazon価格で32GBが31,360円、64GBが37,312円です。(2016/9/22現在)

ユーザーからの評価が高く、かなり高機能なスマートフォンになっています。

色はブラック・ゴールド・ホワイトの三色です。

おわりに

以上、格安SIMの中でもY!mobileをおすすめする理由を書かせてもらいました。

基本料金の安さのみを重視するなら、mineoなどのMVNOを使ったほうが良いのですが、通話や割引キャンペーンなど色々なことを鑑みるとちょっと高くてもワイモバイルが良いんじゃないかなーと思っています。

高いといっても、ドコモを使っていた頃よりはめちゃくちゃ安くなってるので、特に不満もないですね。

 

Y!mobileのプランや割引のことなど、公式サイトに丁寧に書かれていますので、申し込み前に一度確認してみてください!Webからすぐに契約することも可能です。

▶︎Y!mobileオンラインストア

 

 

※上記の情報は更新日時点でのものです。

since 2015.12.06